×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セイレーン

[ギリシア・ローマ神話]

名称 Σειρήν(セイレーン)【古代ギリシア語】 pl. Σειρῆνες(セイレーネス)
容姿上半身は人間の女性、下半身は海鳥。
特徴歌を歌い、船乗りを魅了させ、船を座礁させる。
出典ホメーロス『オデュッセイア』ほか

セイレーンの絵 by 八朔シータ

船乗りを歌で魅了して船を座礁させる怪鳥!?

セイレーンはギリシア・ローマ神話に登場する怪鳥。上半身は美しい女性、下半身は海鳥。あるいは海鳥の身体に人間の頭を持った姿をしている。美しい歌声で船乗りたちを誘惑する。その歌声に聞き惚れていると、船は岩場に入り込んでしまい、座礁してしまうのである。シチリア島の近くにあるアンテモッサ島という名前の島に集団で棲んでいる。その島には船乗りたちの白骨死体がたくさん転がっているという。

アルゴー号がこの海域を航海したときには、オルペウス(Ὀρφεύς)が竪琴を掻き鳴らして対抗したため、船は無事に航海を続けることができたという。

オデュッセウス一行がセイレーンたちのいる海域を通ったとき、船員たちは耳に蝋を入れてやり過ごした。しかし、オデュッセウス本人はセイレーンたちの歌声を聴いてみたいと思ったので、マストに自らを縛りつけてセイレーンのいる海域を航海をし、見事、セイレーンたちの歌声を聴いた。セイレーンたちは、自分たちの歌声を聴いて生き残った人間は初めてだったので、怒って海に身投げしたという。

セイレーン、死者の魂を運ぶ!?

セイレーンは、アケローオス河の神アケローオス( Ἀχελῷος と詩歌の女神ムーサ(Μοῦσα)の間の娘たちで(9人いるムーサのうち、誰の子かについては諸説ある)、もともとはペルセポネー(Περσεφόνη)に仕える乙女だった。しかし、ペルセポネーがハーデース(Ἅιδης)に冥界にさらわれたときに、彼女を捜すために鳥の姿になったという。

しばしば墓石の上にセイレーンたちの姿が描かれた。これはもともとセイレーンたちに死者の魂を運ぶ役目があったためと考えられている。ペルセポネーやハーデースの神話と結び付いているのもその名残りであろう。後代には、冥界の音楽家となった。

海に棲むことから、中世ヨーロッパでは、しばしば人魚の姿で描かれることもあった。

《参考文献》